吃音 病院 何科



吃音は病院の何科で受診するの?

一般的に吃音症の患者の治療は、病院によって違いますが、多くはリハビリテーション科、耳鼻咽喉科、心療内科、精神内科、また場合によっては口腔外科の受診となります。

 

リハビリテーション科や耳鼻咽喉科などでは、言語聴覚士による言語治療を中心となりますし、心療内科や精神内科などは、臨床心理士などによるメンタル面からの治療アプローチとなります。つまり、発声の訓練という体の治療と心理的治療があるということです。

 

しかし、日本ではまだまだ吃音症は医学的範囲でもなく、言語聴覚士の治療範囲にも入らないという考えであるのが現状です。病院によっては常勤の言語聴覚士がいない場合などありますので、電話等で確認するとよいでしょう。吃音症の治療には経験の豊富な言語聴覚士がいるということが大切です。

 

また、全国的に言ってもまだまだ吃音症の治療ができる病院が少ないのが現状ですが、吃音症治療をしていても、小児の吃音症治療を対象としていることが多く、大人の吃音症治療はより少ないのが現状です。

 

専門医を受診することに抵抗かある方は、小児の場合は学校などにある「ことばの学校」に通ったり、大人の場合も病院で併設されている「ことばの学校」がありますので、まずこちらから気楽にアプローチしてみるのもよいかと思います。

 

お近くに病院がない場合は民間療法を行う施設がありますが、保険等が効かないため、治療費が高額になる場合もありますので注意が必要です。

 

↓吃音症を治療したいけど、近くに病院がない、費用が捻出できない方はぜひ参考にして下さい↓
>>【お薦め参考資料】 吃音を自力で治す教材

 

当サイトお薦め - 返金保証付き厳選教材

お子様の吃音 「吃音改善プログラム」吃音、どもりを自宅で簡単に克服する
お子様の吃音 「吃音改善プログラム」吃音、どもりを自宅で簡単に克服する。

 

吃音改善プログラムコーチで元高校国語教諭の井坂京子さんの教材です。こちらの教材は2008年から販売し続けているロングセラーです。特にお子様の吃音に特化した教材となっています。
発売以来たいへん売れている、当サイトが自信を持ってお薦めする教材です。

教材は配送版とダウンロード版が用意されています。また、実践してみて効果がなければ、返金してくれるので安心です。

Sponsored link