吃音症 治し方 子ども



吃音症の治し方(子供編)

吃音症の子供の治し方は、言葉を覚え始めた幼児期に吃音症になった場合と、小学生以降に吃音症になった場合とに分けて対処しなくてはいけません。

 

幼児期に吃音症になった場合

2歳から3歳くらいの子供が吃るのは一次性吃音と言います。特に他の子供に比べて発話時期が早い場合が多く、全体の1割から3割程度いると思われます。

 

まだまだ十分に発話できないにも関わらず、話したい気持ちが先行して吃るケースが多いので、家庭ではやさしく話の先を促すという対処を取ります。

 

しかし、あまり周りが先回りして言葉の先を促しすぎると後の言語発達に影響してくるので気をつける必要があります。一次性吃音の多くは成長していくにつれて自然と治っていく場合が多いです。

 

小学生以降に吃音症になった場合

一方、小学生以降に吃音症になった場合は、一般的に治すのが難しいとされています。

 

幼児期はちゃんと普通に話せていたのに小学生になって、何かのきっかけで吃音症になる場合が多いからです。このころになると、自分の吃りに気づき、周りの反応を気にして症状が余計に悪化してしまいます。

 

ですから、小学生の場合はまず原因を見つけることが大切です。吃音小学生用コミュニケーション態度自己評定尺度という検査においては、直接的な原因究明に使われます。

 

また、間接的な原因を探るためにTS式幼児児童性格検査があります。精神科や心療内科で検査を受ける方法もありますが地域のことばの教室でもある程度の検査が出来る場合があります。
↓吃音症を治療したいけど、近くに病院がない、費用が捻出できない方はぜひ参考にして下さい↓
>>【お薦め参考資料】 吃音を自力で治す教材

 

当サイトお薦め - 返金保証付き厳選教材

お子様の吃音 「吃音改善プログラム」吃音、どもりを自宅で簡単に克服する
お子様の吃音 「吃音改善プログラム」吃音、どもりを自宅で簡単に克服する。

 

吃音改善プログラムコーチで元高校国語教諭の井坂京子さんの教材です。こちらの教材は2008年から販売し続けているロングセラーです。特にお子様の吃音に特化した教材となっています。
発売以来たいへん売れている、当サイトが自信を持ってお薦めする教材です。

教材は配送版とダウンロード版が用意されています。また、実践してみて効果がなければ、返金してくれるので安心です。

Sponsored link