吃音症 診断 基準



吃音症の診断基準は?

吃音症とは話をする時にスムーズに言葉がでない症状です。

 

具体的には、

  • 一言目を発声するまでに時間がかかり無音状態になる難発
  • ある特定の言葉や音が何度も連続して発せられる連発
  • 一言目が伸びる進発

があります。

 

簡単な診断方法としては、しゃべるたびに言葉が頻繁に詰まる、お礼や単なる挨拶程度の短い言葉でも詰まる、言葉がスムーズに出てこず吃る、などの症状で判断します。

 

特に改まった場所で人と話したり、大人数の前で発言するときに症状が良く出ます。
ですから、独り言を言ったり自分だけで歌ったりするときには問題なく発音できるという人もいます。

 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-0186669372904587"
data-ad-slot="8253357410"
data-ad-format="auto">

 

個人差はありますが、一言目をスムーズに出すために、話しながら足踏みしたり、足や頬をたたくという随伴運動する人もいます。
随伴運動することによって自分自身の吃りに対する注意を紛らわせることができます。

 

7〜8割は自然に治癒するといわれていますが、症状が進むと話すということに恐怖や嫌悪を抱き、より言葉が出にくくなります。

 

吃音症の9割は発達性吃音で、吃音になる確率になる確率は国や言語によって差はないと言われています。
しかし、全人口における吃音のある人口確率は約1パーセントほどで、主に2語文以上の発話をする2歳から5歳くらいには発症します。
男女比は4対1ほどで男性に多くあらわれます。

 

一方の一割は獲得性吃音で、神経学的疾患や脳損傷により発症するものと、心理的なストレスや外傷経験によるのもがあり、発症時期は10代後半である場合が多いです。

 

↓吃音症を治療したいけど、近くに病院がない、費用が捻出できない方はぜひ参考にして下さい↓

 

>>【お薦め参考資料】 吃音を自力で治す教材

 


自宅でできるお薦め教材 → 早坂式吃音(どもり)改善術

 

販売者は2012年、東京都多摩市に早坂吃音クリニックを設立した早坂菊子院長で、
発売以来たいへん売れている、当サイトが自信を持ってお薦めする教材です。

 

早坂先生は筑波大学助教授を経て、広島大学で教授をされていた、言語障害や吃音のプロフェッショナルです。教材はDVD4枚組みで、「幼少期編」・「学童期編」・「大人編」・「吃音者による体験談」となっています。実践してみて効果がなければ、返金してくれるので安心です。

Sponsored link