吃音症 発達障害



吃音と発達障害との関係は

吃音症と発達障害の関係については、はっきりとした関係が解明されていません。
吃音症であっても、発達障害のない場合もありますし、吃音症と発達障害も合併している場合もあります。

 

しかし、発達障害を併発している、いないに関わらず、吃音症に関する適切な指導を受ける機会に恵まれなかった子供は、適切な指導を受けた子供に比べて吃音への悪いイメージを持っているため、自分や周りを責めることで自己確立しようとする場合があります。

 

発達障害についてはこちらのサイトが良くまとまっているので参考にして下さい。
⇒ 発達障害とは

 

ですから、発達障害のある、なしに関わらず、吃音に関してただ単に見守っているだけというのは良くないということです。

 

発達障害と吃音のあるケースの特徴ですが、吃音の意識や適応性が低く、環境などに影響されにくく、症状はあまり変化しないことから、吃音指導にはより明確ではっきりと意識をもった直接的指導が可能です。

 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-0186669372904587"
data-ad-slot="8253357410"
data-ad-format="auto">

 

直接的な指導の基盤は「学習」ですが、直接的指導で流暢性形成法は苦しい話し方や吃る話し方を良くない話し方であるとする方法です。

 

ですから、吃音が良くならなかった場合、自分の話し方は悪い話し方であるというマイナスな感覚がのこるという懸念があるため、学齢期にこのような概念を植えつけていいのかどうかは慎重に指導しなければいけません。

 

発達障害のある吃音のある児童に対しては吃音だけの児童に比べて心理的リスクが小さいため、流暢性をより明確に意識させた方が学習効果が高くなる可能性はありますが、発達障害の種類や発達心理の程度に十分配慮することが大切です。

 

↓吃音症を治療したいけど、近くに病院がない、費用が捻出できない方はぜひ参考にして下さい↓

 

>>【お薦め参考資料】 吃音を自力で治す教材

 

当サイトお薦め - 返金保証付き厳選教材

お子様の吃音 「吃音改善プログラム」吃音、どもりを自宅で簡単に克服する
お子様の吃音 「吃音改善プログラム」吃音、どもりを自宅で簡単に克服する。

 

吃音改善プログラムコーチで元高校国語教諭の井坂京子さんの教材です。こちらの教材は2008年から販売し続けているロングセラーです。特にお子様の吃音に特化した教材となっています。
発売以来たいへん売れている、当サイトが自信を持ってお薦めする教材です。

教材は配送版とダウンロード版が用意されています。また、実践してみて効果がなければ、返金してくれるので安心です。

Sponsored link