吃音症 有名人

吃音症の有名人(国内編)

吃音症を克服して活躍している有名人は国内にもたくさんいます。

 

例えば、キャスターの小倉智昭さんは、幼いころは重度の吃音症だったそうです。吃音のせいで小さいころはいじめにもあったということですが、いつかきっと自分をバカにした友人を見返してやろう、そのためにもしゃべる仕事に付こう、と吃音を克服したそうです。今では日本でも有名なキャスターです。

 

元内閣総理大臣の故田中角栄氏も独特の「まぁ、その〜」というフレーズで演説する姿は今尚印象的ですが、幼いころから吃音に悩まされていたということです。その後、人並み外れたバイタリティーで総理大臣にまで上り詰めました。

 

落語家の桂ざこばさんは、その吃音を逆手にとって自身のキャラクターとしています。

 

その他、有名人で吃音症だった人(または今も吃音である人)に、清水宏保(スケート選手)、大江健三郎、重松清、江崎玲於奈、井上ひさし、寺山修司、羽仁進、水森亜土、木の実ナナ、徳川家康、三遊亭歌奴、釈由美子、内藤大助(ボクシング)、秋野陽子、川田亜子、平野レミ、小沢一敬(スピードワゴン)、柴田秀勝、などがいます。

 

研究者やスポーツ選手、作家というしゃべることに関係があまりない職種もありますが、アナウンサーや俳優、落語家・・・というように、あえて人前で話すことが仕事である人も多いのには驚かされます。
吃音で幼い時に嫌な思いをしたという逆境をバネにして成功しているという例です。

 

俳優などは自分とは違う役になりきることで吃りが軽減されるということがあるのかもしれません。そして、自分が苦しんだという経験があり、人の心の痛みにより一層深く入り込むことが出来るので、役に没頭できるのかもしれません。

 

↓吃音症を治療したいけど、近くに病院がない、費用が捻出できない方はぜひ参考にして下さい↓
>>【お薦め参考資料】 吃音を自力で治す教材

 

当サイトお薦め - 返金保証付き厳選教材

お子様の吃音 「吃音改善プログラム」吃音、どもりを自宅で簡単に克服する
お子様の吃音 「吃音改善プログラム」吃音、どもりを自宅で簡単に克服する。

 

吃音改善プログラムコーチで元高校国語教諭の井坂京子さんの教材です。こちらの教材は2008年から販売し続けているロングセラーです。特にお子様の吃音に特化した教材となっています。
発売以来たいへん売れている、当サイトが自信を持ってお薦めする教材です。

教材は配送版とダウンロード版が用意されています。また、実践してみて効果がなければ、返金してくれるので安心です。

Sponsored link


data-ad-client="ca-pub-0186669372904587"
data-ad-slot="3536651817">



data-ad-client="ca-pub-0186669372904587"
data-ad-slot="3536651817">