吃音 有名人 海外



吃音症の有名人(海外編)

吃音症を克服して活躍している海外有名人は多くいます。

 

例えば、俳優だとジュリア・ロバーツ、ブルース・ウィリス、二コール・キッドマン、エミリー・ブラント、マリリン・モンローなどがいます。いずれもハリウッドなど第一線で演じている人々で到底過去に吃音症であったことなど感じさせません。

 

ブルース・ウィリスなどは俳優になろうと舞台である役になりきった瞬間に吃音症がピタリと治まったとあるインタビューに答えています。

 

「プラダを着た悪魔」で人気を得た、イギリス人女優のエミリー・ブラントは7歳から14歳まではひどい吃音に悩んでいたということです。

 

治るきっかけになったのは学校の男性教諭にクラスの演劇に参加するようにすすめられた事で、その教諭からしゃべり辛いなら、面白い声やアクセントのある話し方で、自分本来の発話方法とは違うやり方で話してみることをすすめられたことだそうです。

 

一度話せるようになると、自信がついてどんどん話せるようになったと彼女自身、後のインタビューで答えています。

 

ミュージシャンでは、スキャットマン・ジョン、世界的プロゴルファーのタイガー・ウッズなども吃音症でした。アカデミー賞をとった映画「英国王のスピーチ」ではイギリス王ジョージ6世が吃音症であったと事実を描いています。

 

他にも、超天才物理学者のアインシュタイン、ニュートン、チャーチル、ダーウィン、アリストテレス、ルイス・キャロル・・と吃音症の人は何らかの分野の秀でた人材も多くいます。

 

↓吃音症を治療したいけど、近くに病院がない、費用が捻出できない方はぜひ参考にして下さい↓
>>【お薦め参考資料】 吃音を自力で治す教材

 

当サイトお薦め - 返金保証付き厳選教材

お子様の吃音 「吃音改善プログラム」吃音、どもりを自宅で簡単に克服する
お子様の吃音 「吃音改善プログラム」吃音、どもりを自宅で簡単に克服する。

 

吃音改善プログラムコーチで元高校国語教諭の井坂京子さんの教材です。こちらの教材は2008年から販売し続けているロングセラーです。特にお子様の吃音に特化した教材となっています。
発売以来たいへん売れている、当サイトが自信を持ってお薦めする教材です。

教材は配送版とダウンロード版が用意されています。また、実践してみて効果がなければ、返金してくれるので安心です。

Sponsored link